専門的な写真の知識を得たいなら専門学校へ入ろう

  1. ホーム
  2. 医療のアロマセラピスト

医療のアロマセラピスト

アロマ

資格取得方法は多数あり

メディカルアロマセラピストは、医療現場でハーブや精油を用いて治療目的で処置を行う資格です。メディカルアロマセラピストとして働く為には資格が必要ですが、現在国内外で多くの種類があり、受講する協会により取得までの費用や期間が異なります。国外ですとイギリスが拠点のメディカルアロマテラピー協会があり、日本では認定校でのみ取得できます。講習を受ける必要があり、半年から2年の受講期間で100万円程の費用が必要です。日本では日本アロマセラピー統合医学協会が認定するスクールで資格を取得できます。半年程の受講期間で費用は50万円程必要です。この他にもメディカルアロマセラピストの資格を取得している協会やスクールは多くあります。医療に携わる資格ですが、受講資格は特に必要ありません。資格取得には一定の期間と相応の費用が必要で、同じ資格でも取得場所により違いがあります。

幅広い分野で活用できる

治療をするというより、患者のストレス等をケアするメディカルアロマセラピスト。幅広い活躍の場があり、今後注目の分野とされています。医療現場では、患者は治療を受ける事に不安等からストレスを感じています。また、精神科や心療内科ではうつ症状で悩む方も多くいます。その方に対して不安解消や治療時の痛みの緩和に用いられています。産婦人科でも活用されており、妊婦の不安は出産時の阻害要因になります。メディカルアロマセラピストは、リラクゼーションやアロママッサージで不安の減少を図っています。この様に様々な医療機関で幅広く活用できる為、目指す人は増えています。また、働く場所は医療機関だけではありません。サロンやマッサージ機関、そしてメディカルアロマセラピーサロンの開業など、医療現場に限らず活躍の場を選択できる仕事です。